セミナーのご案内

 
セミナーのご案内を見る
年間スケジュールを見る

平成29年度 第9回海建塾(会計編)開催のご案内

開催日時

2017年10月18日(水)
13:30-16:30
※第10回海建塾(一般編)17:00-19:30と同日開催です。

申込期限

2017年10月13日

このセミナーを申し込む

概要

テーマ
「海外赴任時の為替・会計実務」

講 師
ロイヤルオーク(株) 代表取締役社長 小林啓介氏

プログラム
1.全員の自己紹介と名刺交換
2.講師によるオープニング
3.為替・会計講義
4.アンケート記入

英文テキストを利用し、「為替」と「会計実務」の講義内容となります。例題を用いて為替リスクの考え方や伝票処理など基礎的な会計実務を学んで頂きます。テキスト・講義とも英語中心ですが、参加者の英語技量を逐次見極めつつ、平素な英会話形式で実施いたします。講義・テキスト内容は入門編となっておりますので、初級レベルの方を対象としております。

※第10回海建塾(一般編)17:00-19:30と同日開催です。講義時間が違う為、両講義の受講可能です。

参加資格

■海外建設協会会員限定(各社1名まで)
■事務系社員
■プロマネ候補の技術系社員
■海外勤務未経験者
■参加にあたり、会社の了解を受けることのできる者
■職種は問いません。講義・テキストは初級者レベルとなります。

※誠に勝手なお願いですが、1社あたり1名の応募とさせて頂きます。希望人数多数時は「次回以降の参加お願い」をする場合もございますので、ご了承頂きたく存じます。(その場合は該当者様に連絡いたします)

参加費

無料
名刺10枚程度、電卓、筆記具をご持参ください。

会場

海外建設協会 会議室

「海建塾」とは

 当協会では、わが国建設業の海外要員育成を支援するため、「海建塾」と銘打った会合を開催しています。同塾は将来を担う会員各社の海外要員候補者に対し、海外勤務の意義を認識してもらうとともに、海外勤務にあたっての不安を解消すること等を目的として、海外勤務経験豊富な講師による「海建塾(一般編)」・「海建塾(会計編)」・「海建塾(現場管理編)」の3つの講座を月毎に交互に実施し、これまでに会員企業より約500名以上の参加を頂いております。
毎回7名前後の少人数で実施しており、参加者からは「赴任にあたり不安が解消した」、「自信や安心感が得られた」との声が多く寄せられております。また、同業他社との同世代交流の場としても大変好評を頂いております。
 会員からのご要望により、「現場管理編」の一層の充実を図るため、平成29年1月から、従来の「建築・土木」に加え、新たに「建築設備」を増設いたしました。

■「海建塾 一般編」では「海外勤務に際しての心がけ」、「海外勤務べからず集」等の現地での生活、心構え、注意点等の話題を中心とし、後半はフリートーク形式で実施し、海外勤務経験豊富な講師から貴重な経験談や海外赴任に関するアドバイス等、より具体的な内容となっております。

■「海建塾 会計編」では英文テキストを利用し、「為替」と「会計実務」の講義内容となります。例題を用いて為替リスクの考え方や伝票処理など基礎的な会計実務を学んで頂きます。テキスト・講義とも英語中心ですが、参加者の英語技量を逐次見極めつつ、平素な英会話形式で実施いたします。講義・テキスト内容は入門編となっておりますので、初級レベルの方を対象としております。

■「海建塾 現場管理編(建築・土木)(建築設備)」では海外現場所長経験者から「海外建設工事現場の実務」を学びます。海外建設現場と日本の現場との差異、外国人とのコミュニケーション、現地スタッフのマネージメントを中心に講義をいたします。その後、参加者とのフリートークを双方向で行います。

なお、今後も原則として、各講義を月毎に開催予定でございますので、奮ってご参加下さい。


※電子版OCAJI誌「海建塾について」

連絡担当者

一般社団法人海外建設協会 総務部 鈴木(和)、上嶋
TEL: 03-3553-1631 MAIL: zsuzuki@ocaji.or.jp

お願い

お申込み完了後、連絡担当者宛に自動返信メールが届きますが、稀にお客様の環境設定により届かない場合がございます。その場合、お申込みが完了していない可能性がございますので、大変お手数ですが、上記担当者までご連絡下さい。
セミナーのご案内
出版物のご案内
OCAJI会員の海外進出状況

OCAJI会員の先端技術により世界中で活躍しています。

国際協力・交流情報
ifawpca founded 1956
電子版OCAJI誌
支部通信
安全対策
契約管理のご案内
入会のご案内
SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。