世界に誇る先端技術

建築関係

代々木ゼミナール本部校代ゼミタワーオベリスク

教室、空中キャンパス、住居を
スーパーウォールで美しく、強くまとめあげた超高層ビル

代々木ゼミナール本部校代ゼミタワーオベリスクイメージ1

教室(低層階)、空中キャンパス(中層階)、住居(高層階)の3つの異なる空間を、両サイドの4枚のスーパーウォールを主体としたメガストラクチャーシステムで統合した高層ビルです。
地震力はスーパーウォールとコアフレームに負担させ、それ以外の柱を細くし内部空間のフレキシビリティーを向上。
コンピュータ制御の免震システムも採用しています。

■敷地面積
3,508.66㎡

■建築面積
1,160.71㎡

■延床面積
27,175.10㎡

代々木ゼミナール本部校代ゼミタワーオベリスクイメージ2

地上70mの空中キャンパス。床座フロアと大テーブル、彫刻を囲みくつろぎを提供する空中庭園。
上階住戸の一時避難スペースも兼ねています。

他の建築関係実例を見る
セミナーのご案内
出版物のご案内
OCAJI会員の海外進出状況

OCAJI会員の先端技術により世界中で活躍しています。

国際協力・交流情報
ifawpca founded 1956
電子版OCAJI誌
支部通信
安全対策
契約管理のご案内
入会のご案内
SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。