世界に誇る先端技術

土木技術

ハノイ市環状3号線

省力化工法を駆使し、契約工期30ヵ月をわずか15ヵ月で完成
交通渋滞問題を早期に解決させた自動車専用高架道路

ハノイ市環状3号線イメージ1

ハノイ市環状3号線建設工事(全3パッケージ)は、総延長8.9Km、上下各2車線の自動車専用高架を建設するものです。
この地域の交通量は、ハノイ市内で最も多く、昼夜を問わず自動車、バイクで溢れています。
そのため、第三者災害の防止と、一刻も早い道路の供用開始が最大の使命でした。
この工事は、下部工施工、脚頭部施工、上部工施工でのさまざまな省力化と、60トン吊門型クレーン採用などの工夫で、契約工期「30カ月」を半分の「15カ月」で完工させることができました。

他の土木技術実例を見る
セミナーのご案内
出版物のご案内
OCAJI会員の海外進出状況

OCAJI会員の先端技術により世界中で活躍しています。

国際協力・交流情報
ifawpca founded 1956
電子版OCAJI誌
支部通信
安全対策
契約管理のご案内
入会のご案内
SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。