世界に誇る先端技術

鉄道建設

新幹線

長年の運用実績が、さらに建設技術を進化させた
日本が世界に誇る高速・安全輸送のシンボル 新幹線

車両のハイテク化とともに、騒音や振動、耐震対策、トンネル内の気圧や環境への配慮など、建設技術も進化し続ける新幹線。
これまでに安全性と信頼性が高く評価され、台湾、ベトナムなど数か国に導入されています。
住宅密集地や山岳地も多く通過しなければならない狭隘な国土で生まれ育った高速・安全輸送のシンボルは、日本国内でもその総延長距離をさらに延ばし続けています。

新幹線イメージ1

新幹線イメージ2

最新の新幹線駅舎、新青森駅のデザインは、「縄文と未来の融合」がテーマとなっています。
日本の紀元前にあった縄文集落の佇まいを思わせる外観で、歴史と郷愁を感じさせます。中央部には明るいガラス空間のアトリウムを設置。ホームから街並みを眺められるよう、横に連なる大きな窓も特徴です。
一層部には三内丸山遺跡で見られる木柱のデザインも取り入れています。

他の鉄道建設実例を見る
セミナーのご案内
出版物のご案内
OCAJI会員の海外進出状況

OCAJI会員の先端技術により世界中で活躍しています。

国際協力・交流情報
ifawpca founded 1956
電子版OCAJI誌
支部通信
安全対策
契約管理のご案内
入会のご案内
SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。