セミナーのご案内

本セミナーは終了しました。
会員限定で資料をダウンロードできます。

セミナーのご案内を見る
年間スケジュールを見る

平成29年度 第6回国際建設リーガルセミナー概要報告

開催日時

2017年9月7日(木)
14:30-17:00 (開場14:00 / レセプション17:00-18:00)

申込期限

2017年8月31日

セミナー関連資料

概要

 一般社団法人海外建設協会では研修事業の一環として毎年、国際建設プロジェクトに係る法務・契約に多くの知見を有する国内外の法律事務所等による、契約・クレーム及びリスク管理・紛争の戦略的な解決等をテーマとしたセミナーやワークショップを共催しております。今年度は、QS事務所も講師に迎え、契約の基本・工事契約約款解説などの基礎的なものから、腐敗・コンプライアンス等のリスクに関するものを柱に、建設工事に係わる法務・クレーム関連事項をテーマに、回数も増加し国内外で開催いたします。

 今年度第6回目の国際建設リーガルセミナーは、バーウィン・レイトン・ペイズナ-法律事務所との初めての共催により、以下の要領にて実施いたしますので奮ってご参加ください。また、当日はセミナー終了後にドリンク・レセプションを開催いたしますので、こちらも奮ってご参加ください。なお、レセプションのみのご参加も歓迎いたします。

First session

Legal issues relating to Bonds and Guarantees on international Construction and Engineering Projects

The seminar will consider:
• when a call can be made on a contractor’s securities;
• the difference between an on-demand and a conditional bond;
• the circumstances in which a call on an on-demand bond can be blocked;
• current practice in the Asia, Middle East and elsewhere relating to performance securities;
• drafting tips relating to bonds and the terms of the underlying construction contracts; and
• we will also share some case study experiences of recent bond calls (and efforts to block bond calls) which we have been involved in.

It is standard practice for contractors be required to provide on-demand securities to guarantee performance. We have seen a recent surge in the number of bond calls on international projects. Overseas construction industry participants should have a good understanding of how these instruments work, when calls can be made and what steps can be taken to protect a party’s position whether as bondcaller or the party subject to the call.

Second Session

Sub-contracts – back to back flow down of obligations

The seminar will consider the risks associated with back-to-back subcontracting and offer some practical tips and ‘best practice’ to ensure that contractors properly protect their interests.

We will consider:
• Avoiding liability gaps
• Incorporating main contract terms by reference
• Risks which cannot be passed down
• The role of indemnities
・ Dealing with claims and disputes with subcontractors

Contractors almost always operate as part of a supply chain in which the obligations of a main contractor are passed downwards. If this is not done properly, it can leave liability gaps for the party passing on obligations. This Seminar will share our expertise and experiences dealing with this difficult legal issue on international construction and engineering projects and outline ‘best practice’ to ensure that contractors do not leave themselves exposed to legal risks.


プログラム

2.30pm: First session

3:30pm: 10-minute QA

3:40pm: 10-minute interval

3:50pm: Second session

4:50pm: 10-minute Q&A

5:00pm:Reception with light refreshments

6:00pm:End-up

講師

対象者及び言語

◆Beginner or intermediate levels, and all levels are welcome

◆English (plain spoken)

参加費・参加資格

◆参加費無料

◆会員限定

※会場席数の都合上、締め切り日以前の締め切りとなる場合がありますこと、予めご了承願います。

会場

海外建設協会 会議室

お願い

お申込み完了後、連絡担当者及び参加者宛に自動返信メールが届きますが、稀にお客様の環境設定により届かない場合がございます。その場合、お申込みが完了していない可能性がございますので、大変お手数ですが、上記担当者までご連絡下さい。

連絡担当者

(一社)海外建設協会 国際企画部 矢原 、井島
TEL:03-3553-1631 FAX:03-3551-0148 Mail:info@ocaji.or.jp
セミナーのご案内
出版物のご案内
OCAJI会員の海外進出状況

OCAJI会員の先端技術により世界中で活躍しています。

国際協力・交流情報
ifawpca founded 1956
電子版OCAJI誌
支部通信
安全対策
契約管理のご案内
入会のご案内
SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。