セミナーのご案内

本セミナーは終了しました。
会員限定で配布資料をダウンロードできます。

セミナーのご案内を見る
年間スケジュールを見る

平成30年度 第10回 OCAJI ビジネスセミナー概要報告

Date

Monday 19 November 2018
14:30-17:30 (開場14:00、質疑応答を含む)
17:30-18:30 レセプション

Deadline(JST)

12 November 2018

セミナー関連資料

概要報告「プロのリスク対応紹介」

概要報告「プロのリスク対応紹介」画像 弊会では今年度の基本方針の重点項目の一つである「海外要員の確保・育成に向けた人材育成・確保策の充実」を具現化するため、「グローバル建設人材育成支援講座」及び会員企業のニーズや時宜等に応じた「セミナー」を定期的に実施しております。
 平成30年11月19日(月)には、損保ジャパン日本興亜株式会社会議室において、「海外プロジェクトのリスク対応」をテーマに、約60名が参加し、ハーバート・スミス・フリーヒルズ外国法律事務所、世界的に知られるコンサルタント会社HKA、モバイルアプリをゼネコン等に提供するYSLソリューションによる共催セミナーを実施しました。

 法律事務所とコンサルタントからは、入札段階から弁護士に参加してもらうメリットや現地法に精通した現地企業を採用する重要性を、またYSLからはモバイルアプリ導入による業務の見える化を促進するリスク対応や人員削減事例、さらに、ご後援をいただいた損保ジャパン日本興亜からは「建設工事保険の事例報告」と題するレクチャーをいただき、保険金支払事例を踏まえ、土木工事とプラント工事に伴うリスク性質の差に焦点をあて説明が行われました。
 今回は海外建設プロジェクトに内在するリスクを分析し、事業継続につなげる為に必要な人材育成、業務の効率化に役立つツール確保の観点からのご講義となりましたが、当日のレジュメは「セミナー関連資料」よりご覧いただけます。

テーマ・プログラム

14:00- Reception opens

14:30-14:40 Remarks OCAJI

14:40-15:20 Theme A
国際建設契約におけるリスク対応、コンサルタントと弁護士チームの役割、そのベストプラクティス
Optimizing International Construction Contracts–how best to use consultants and legal advisors to successfully identify and manage risks, and resolve claims and disputes.
例:Experts from Herbert Smith Freehills and HKA will take delegates through the key stages of a representative international rail project, and explain the roles that their respective teams would take to ensure the successful delivery of the project and resolution of disputes.

15:20-15:30 Break

15:30-16:10 Theme A continued

16:10-16:20 Break

16:20-16:50 Theme B 
モバイルアプリで建設リスクを軽減する方法
How to reduce construction risks with a mobile construction app (CheX)
建設プロジェクトには様々なリスクがあります。例えば、予算の問題、スケジュールの問題、労働力の不足・生産性の問題、安全・衛生上の問題などです。それらリスクを最小限に抑え、時間と資源を有効活用する手段として、モバイルアプリケーションの利用が欠かせなくなってきています。そのアプリケーションの一つ「CheX(チェクロス)」をご紹介致します。
There are various kind of risks in construction projects; budget issues, schedule issues, labor problems and man power shortage and low productivity, safety and hygiene problems, etc . It is highly essential to use mobile applications as a method to use of time and cost resources effectively to minimize such risks. We will introduce one of useful applications, "CheX" (management and sharing app of construction project information).

16:50-17:10 Theme C
「建設工事保険」
プロジェクト工事保険(Engineering Insurance)における事故事例
Claim examples in engineering insurance

建設プロジェクトにおけるリスクマネジメントのひとつとして、プロジェクト工事保険の手配があります。当社が保険引受をしてきた経験の中から、実際の事故対応事例をご紹介します。
Engineering Insurance is one of the risk management tools in construction projects. We have much experience in engineering insurance, and we will introduce some claim examples.

17:10-17:25 QA

17:25-17:30 Remarks Sompo Japan

17:30-18:30
Reception

ThemeA 講師

Herbert Smith Freehills and HKA

エマ・クラトフィロヴァ弁護士(パートナー)
Ms.Emma Kratochvilova, Partner (England & Wales), Herbert Smith Freehills Tokyo

ベン・ジョリー弁護士(シニア・アソシエイト)
Mr.Ben Jolley, Senior Associate, (England & Wales), Herbert Smith Freehills Tokyo

ベンジャミン・ハイフィールド氏
Mr.Benjamin Highfield , Partner and claims and disputes specialist, HKA

リー・ベーカー氏
Mr.Lee Baker, Principal, HKA, responsible for the Forensic Delay Group in the Asia region.HKA

ThemeB 講師

YSLソリューション

◆石塚 正人氏 SI第2事業本部 ITソリューション部 部長
Mr.Masato Ishizuka , Manager, System Integration Second Division IT Solutions Department

ThemeC 講師

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

◆重田憲孝氏 コマーシャルビジネス業務部 工事・労災保険グループ 特命課長 リーディングアンダーライター, CPCU
Mr.Noritaka Shigeta, Leading Underwriter

Venue/Fee/Level

Venue/Fee/Level画像損保ジャパン日本興亜㈱ 
日本橋ビル2階大会議室 
東京都中央区日本橋2-2-10


◆Fee
Free of charge


◆Participants’ level/Experience
No Restriction, Beginners are welcome


◆Supporter
損害保険ジャパン日本興亜㈱
Sompo Japan Nipponkoa Insurance Inc.

Language

言語:平易な英語、日本語 
配布資料:日本語と英語を併記
質疑応答:英語と日本語併用 

Language: Plain English& Japanese
Hand-outs: English/Japanese 
Format: Oral presentation with slides

その他

◆受付にてお名刺3枚頂戴します。
◆講演内容および講師は変更される場合があります。
◆会場の定員数(80名)により、締め切り日以前の〆切になる場合がございます。
◆事前質問もお受けいたしますので、お申し込みの際記入ください。
◆お申し込みいただいた方には、今後共催者からのご連絡メール等が送られますこと、予めご了承願います。   
◆ご同業のご参加はご遠慮願います。
◆ご都合により欠席される場合には事前にメールでご連絡をいただければ幸いです。
◆当日会場にて写真撮影をいたします。写真は広報活動目的にて外部に提供される可能性があります。差し支えのある方は、事前にお申し付け下さい。
◆講演の撮影、録画はお控え下さいますようお願い致します。


#Please deliver your name cards(3) at the seminar reception desk.
#The lecture content and lecturers may be subject to change.
#Due to the capacity of the room (80 seats), we may cease to accept application even before the said closing date.
#We welcome advance questions. Please fill in when applying.
#You may receive event notice e-mails from us.
#Similar professionals are kindly asked to refrain to apply/attend.
#After your application, if you are absent due to unexpected circumstances, please contact us by e-mail.
#We will take pictures at the venue on the day. Such pictures may be provided to the outside for public relations purposes. If you have a problem, please inform us when applying.
#Please do not record/shoot the lecture.

Persons in charge

(一社)海外建設協会 国際企画部 矢原、鈴木(泰)
OCAJI T.Suzuki(Mr.), K.Yahara(Mr.) E-mail:info@ocaji.or.jp
TEL:03-3553-1631 FAX:03-3551-0148 Mail:info@ocaji.or.jp

※お申込み完了後、参加者宛に自動返信メールが届きますが、稀にお客様の環境設定により届かない場合がございます。その場合、お申込みが完了していない可能性がございますので、大変お手数ですが、上記担当者までご連絡下さい。
セミナーのご案内
出版物のご案内
OCAJI会員の海外進出状況

OCAJI会員の先端技術により世界中で活躍しています。

国際協力・交流情報
ifawpca founded 1956
電子版OCAJI誌
支部通信
安全対策
契約管理のご案内
入会のご案内
SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。