セミナーのご案内

本セミナーは終了しました。
会員限定で配布資料をダウンロードできます。

セミナーのご案内を見る
年間スケジュールを見る

平成30年度 第18回国際建設リーガルセミナー概要報告

開催日時

2019年3月8日(金)
14:00-17:00

申込期限(JST)

2019年2月28日

セミナー関連資料

概要報告

概要報告画像一般社団法人海外建設協会では、協会事業の一環として会員企業の海外活動支援のため、会員企業が直面する「広範囲にわたる重要各種課題の解決支援対策」を推進しています。海外事業の拡大、安定した収益の確保を図るためには、若手から中堅まで海外事業に携わる海外人材の育成が急務であり、プロジェクトの大型化、複雑化、契約形態の多様化などに伴い、海外事業の円滑な遂行に必要な知識の習得・能力の向上等、課題も多岐にわたってきている中、今回は「What is the Employer thinking and why is this so important to the Contractor?」と題し、米国系のリードスミス弁護士事務所との共催でJICAヤンゴン事務所会議室にて実施しました。

平成31年3月8日(金)に開催された本セミナーには、43名(施主側20名、コントラクター側23名)が参加し入札図書の作成、建設フェーズ、クレーム対応、紛争解決について施主とコントラクター両方の目線で説明が行われました。前年度のアンケート結果をふまえ、今回はJICAのお声掛けによる施主側の参加者を招待しました。これにより、コントラクターが直面している現状の問題を現地政府機関関係者と共有ができる貴重な機会となりました。

今回は、当日のレジュメは「セミナー関連資料」よりご覧いただけます。

トピック

What is the Employer thinking and why is this so important to the Contractor?

It is easy for a contractor to focus on its own interests and pressures without properly reflecting on the position of the Employer and adapting the management of a contract and the submission of any claim to best take account of the Employer’s perspective. The truly successful projects recognise the alternative perspective of the Employer – the most successful claims likewise address this critical issue. Managing a contract in this way makes it easy for an Employer to understand and accept situations and issues raised by a Contractor, and ultimately reduce the risk of disputes and/or improve the chances of their favourable settlement/resolution.
This session would refer to real cases/use case studies – giving the session credibility and authenticity.

プログラム

14.00 - 14.15
Welcome and Opening Remarks by OCAJI
Introductory Remarks and Context for Seminar
Vincent Rowan, Partner, Reed Smith LLP

14.15 – 14.45
Session I – Bid/Contract Phase – Contractor obligations and risks, what will an Employer now seek to include in the Contract and why? How can a Contractor realistically respond to and change these requirements?

14.45 – 15.15
Session II – Construction Phase – What Contract management techniques are being deployed by Employers to maintain Contractor risk and reduce exposure to Contractor claims? How should the Contractor’s own contract management be adapted to maintain rights under the Contract?

15.15 – 15.30 Break

15.30 – 16.00
Session III – Project Close/Claims Phase – What strategies and challenges are used by an Employer to frustrate and/or reject Contractor claims? Can a Contractor meet and defeat these strategies, and if so, how?

16.00 – 16.30
Session IV – Dispute Resolution Phase – What are the current tactics of Employers to use (and abuse) the typical dispute resolution procedures in Contracts to frustrate, limit and defeat Contractor claims? Is it possible for a Contractor to use these dispute resolution procedures successfully and cost effectively despite such tactics?

16.30 - 17.00
Final Session – Question and Answers, and discussion of issues raised.

講師

Reed Smith LLP
Founded in 1877, Reed Smith LLP is an elite global law firm headquartered in Pittsburgh, Pennsylvania, with more than 1,900 lawyers in 25 offices throughout the United States, Europe, the Middle East and Asia. In 2014, Reed Smith was listed as one of the top Global 20 Firms

Vincent Rowan

Vincent Rowan画像Partner
Vincent has over 30 years' experience advising in connection with major international energy, infrastructure and construction projects, with particular expertise in contract strategies, project management (as project counsel) and international dispute resolution (arbitration, ADR and litigation). He is recognised as a leading lawyer in the field of construction by Who's Who Legal.

Shareena Edmonds

Shareena Edmonds画像Partner
Shareena focuses her practice on international disputes. She advises owners and contractors in connection with major energy, infrastructure and construction projects around the world. As well as providing strategic project advice, Shareena represents clients throughout the dispute resolution process, whether in court, arbitration or using ADR techniques.

言語・レベル

◆言語: 英語, 配付資料及び質疑応答も英語で行います。

◆レベル:上級者向けですが、どなたの参加も歓迎します。

会費

無料

その他

・受付にてお名刺2枚頂戴します。
・会場の定員数(35名)により、締め切り日以前の〆切になる場合がございます。
・お申し込みいただいた方には、今後、共催者からのご連絡メール等が送られますこと、予めご了承願います。
・講演内容および講師は変更される場合があります
・ご都合により欠席される場合には事前にメールでご連絡をいただければ幸いです。
・当日会場にて写真撮影をいたします。写真は広報活動目的にて外部に提供される可能性があります。差し支えのある方は、事前にお申し付け下さい。
・原則、本講演者とご同業者のご参加はご遠慮願います。

連絡担当者

(一社)海外建設協会 海外事業部 矢原、玉木
TEL:03-3553-1631 FAX:03-3551-0148 Mail:info@ocaji.or.jp

※お申込み完了後、連絡担当者及び参加者宛に自動返信メールが届きますが、稀にお客様の環境設定により届かない場合がございます。その場合、お申込みが完了していない可能性がございますので、大変お手数ですが、上記担当者までご連絡下さい。
セミナーのご案内
出版物のご案内
OCAJI会員の海外進出状況

OCAJI会員の先端技術により世界中で活躍しています。

国際協力・交流情報
ifawpca founded 1956
電子版OCAJI誌
支部通信
安全対策
契約管理のご案内
入会のご案内
SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。